×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ポールスミスの財布が6分でわかるサイトって?

ポールスミスの財布が6分でわかるサイトです。どういう事?と思われて当然です。私自身がポールスミスの財布が大好きなので興味のある方に伝えたて、一つのコラムを2分×3つあるので、6分で読んでいただけます。
まずは、ポールスミスの財布を語る前に「ポールスミス」を知っていただきたく「ポールスミス」の歴史をお伝えします。今でこそ、「ポールスミス」はメンズのファッションを中心にネクタイ、ソックス、腕時計、財布、スーツ、キーケース、バッグ、ベルト、マフラー、アクセサリーとしてはジッポ、ネックレス、指輪、ストラップなどいろいろな展開をみせているが、その起源は1945年、イギリスのノッティンガムにポールスミスが生まれ、17歳の時には既にショップを開いている。その6年後には初めてのショーをパリで開催。1999年、エリザベス女王からサーの敬称で呼ばれるサイトの叙勲を、ファッションデザイナーとしてはハーディ・エイミスに続き二人目の名誉を受けている。

ポールスミスの財布ってどんなのがあるの?

ポールスミスの財布には奇抜で斬新なデザインのものが多い。これはポールスミスの財布だけに限らず、アクセサリーや時計、腕時計、シャツなどにも多い。これを嫌いと言われると少々、困るのですがそういうかたは元々このサイトは見てないでしょう。ちなみにポールスミスはデザイン画を書かない。これはポールスミスがセレクトショップのバイヤーからスタートしたことに関係している。ポールスミスはコンセプトやテーマを考えたりするだけで実際にデザイン画を描くのはアシスタントデザイナーである。少し話が外れました。ポールスミスの財布の現状のラインナップですが、公式ホームページによりますと14種類ありまして主に二つ折財布、長財布と半々のようです。ポールスミスの財布はそのプリントに特徴があります。現在ではミニクーパやイギリスのユニオンジャックのプリント柄の財布がポールスミスでは人気があります。値段も手頃に設定されているようです。

ポールスミスの財布の起源

ポールスミスの財布の特徴でもある、ミニクーパやイギリスのユニオンジャックのプリント柄はポールスミスの起源でもあるイギリスから来ています。では、どうしてその柄なのかミニクーパの例をあげると、1997年にポールスミスとローバー社によるコラボで「MINI Paul Smith Limited」が生産、発表されました。後にポールスミスの財布の柄にも採用されるブルー、オフホワイト、ブラックの縦縞の3色展開でやはり、奇抜なカラーリングのミニクーパを発表しました。このミニクーパを見てもらうとわかるのですが、ポールスミスは型にはめるのが嫌いなようでそれが世界的な支持を集めている要因かもしれません。
さて、ポールスミスの財布ですが一番安い財布は15750円、一番高いポールスミスは先ほどの3色のマルチストライプ柄の長財布で26250円です。だいたいが20000円前後でお求め易く、それでいてお洒落なので私の好きな財布のナンバーワンはポールスミスの財布です!

Copyright © 2007 ポールスミスの財布が6分でわかるサイト